相続財産の評価額を計算する方法は様々

相続財産、どうやって評価するの?

相続財産の評価額を計算する方法は様々

相続財産の評価額を計算する方法は、特有の方法が多数あるので複雑ですから税理士に相談すると良いです。
ただ、ある程度相続財産の評価額を計算する方法を知っておくことも必要なことなので、一般的に多いケースだけでも参考のために知っておくと良いです。

土地の相続財産の評価額の計算方法は、路線価による評価と固定資産税評価額による評価の2つがあります。
路線価による評価とは、土地が面した道路に割り当てられている路線価を基準にして計算するものです。
例えば、100㎡の土地で路線価が20万円なら相続財産の評価額は、単純に20万円×100㎡=2,000万円といった計算になります。
ただ、これはあくまで大まかなもので、土地の接道状況や形状などによって補正がされるなど計算方法に違いが発生してきます。
固定資産税評価額による評価とは、固定資産税評価額にその地域による倍率を乗じて土地の評価額を計算する方法です。
例えば、所有している土地の地域倍率が1.1倍で固定資産税評価額が1,000万円の土地の相続財産の評価額は、1,000万円×1.1=1,100万円といった計算式で算出することになります。

建物の相続財産の評価額を計算する方法は、固定資産税評価額と同額となるので計算する必要がありません。
都税事務所や市町村役場の固定資産税課などで確認できますが、建物を貸している場合は、借家権の評価額を差し引いて計算するので3割程度安くなります。
マンションの相続税評価額を計算する方法は、土地の相続財産評価額と建物の相続財産評価額に持分割合を乗じて計算することになります。
この持分割合というのは、マンション購入時の契約書や登記簿謄本に記載されているものです。

その他にも、株式や非上場株式・普通預金や定期預金・ゴルフ会員権・自動車など様々な動産なども相続財産の評価額を計算する必要があるものです。
それぞれで相続財産の評価額の計算方法があるので、必要に応じて算出すると良いです。